気まぐれ言霊

歯科医がつれづれなるままに書く日記 どこにも無い情報もきっと、、ある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鼻科にかかっていて良かった、それで紹介された内科が良かったわけで

この7月はやっとこさ治りかけたけれど副鼻腔炎で苦しみました。
神戸市長田区の新長田の佐々木耳鼻科にお世話になったわけで、そんでもって
福井クリニックを紹介してもらい、病気のスクリーニングの結果、ま、これは言うても差し支えないと思いますが、非アルコール性脂肪肝炎という病名をありがたく頂きました。治る段階なので、これからがっつりと肥満を主体に体質改善していこうかと。また、胸部レントゲン写真なんかでも、いままでどこのドクターにも指摘してもらえなかった所見も厭わずに指摘してくださいました。勉強熱心で、海外の雑誌までチェックされていて(やっぱりアメリカの生活習慣病関係の知見は最新で為になりますからよって。)、お勧めです。
バランスの取れているというか、これは僕はこの先生は好きになれました。いままでこんなことってなかったがなぁ。西市民病院の郡山先生も人間味があっていい先生だと思いますが、分野が違うのでお世話になることは無いので仕方ないですが。

禁煙ブログもある。

いいのかな、無断でリンク張っちゃって、ま、いいかも。

続きを読む »

スポンサーサイト

新聞 要らない 

2年間ほどとっていた新聞を止めた。
そうしたらテレビもだらだらと無駄に見ないようになった。
以前から分かっていたことだけれど、ほとんどのテレビ番組はつまらないものが多い。新聞をとるのを止めると余計につまらなくてたまらなくなってきた。新聞は昔は焼き芋を包むのやトイレットペーパーの用途に役に立ったらしい。いまはいったいなんなんだろう、金を払って広告を見せられているし、夕刊を取らないのに、夕刊が発行されていない地域の朝刊だけの値段よりも若干高いと言うのも納得が行かない。
また、値切らない事を良いことに値上がり、はんぴらのカレンダーとゴミ袋を貰うだけ。止めて清々した。

いまテレビで面白いと思うことが出来るのは、サンデージャポンと爆笑問題のバク天ぐらい。あとはなんぼでナンボとたかじん胸いっぱいはぎりぎりセーフ。上沼恵美子は面白くないが和田アキコはもっとくだらない。
オール阪神の釣り番組ビッグフィッシングは欠かせない。
あと角純一狙いでぷいぷいも少し。

バラエティータレントの流行り廃りは本当に新陳代謝が早い。テツアンドトモはブレイクする前はひそかにはまっていたけれど、出すぎて面白くなくなった。波田陽区もギター侍をずっと続けていたほうがいいのにと思っている。マイケルは滑ったらすごく寒い。真島とかいうマツケンの振り付けの人は絶対オカマ的趣味の人だと思う。見れば分かる。
ひろしも最近見ていない。
そういえば青木さやか、ってまだ出てる。面白くないのにでるのは、創価学会員のコネクションだから、だろう。あつかましいだけで面白くもなんともない。

続きを読む »

今日、Amazon.co.jpで購入した書籍4冊

生きて死ぬ智慧
柳澤 桂子 (著), 堀 文子 (イラスト)


救曲のタクト
宇宿 允人, 西村 彰史


パワー・オブ・フロー
チャーリーン ベリッツ (著), その他



宇宙心―宇宙時代を幕明けた無名の聖者からのメッセージ
鈴木 美保子 (著)

健康とお金どっちが大事、どっちも大事だけど、そういう気持ちを乗り越える鍛錬がもっと大事かな、と。


昨日、2週間続いていた後鼻漏からくる喘息に似た症状が今週あたまに受診した呼吸器内科では解決しなかったのが、耳鼻咽喉科に行ったら両側上顎洞炎である事が分かった。喘息だったらどうしようかと思っていたところだったので直る病気と言う事で安心した。健康は取り戻したぞ、と。     そう思ったところに今度は銭失い、お金の儲けそこないが発覚した。昨日、5月分と6月分の溜まっていたレセプト処理を終わらせたところ、返戻(へんれい)査定されたレセプトの「写し」が戻ってきているのに今朝になって初めて気がついた。レセプトの内容については、今、喧しく言われている個人情報に関わる事なので具体的に挙げる事は出来ないけれども、4月に請求したレセプトで、ロングブリッジの症例だったので保険適用の可か不可かのために、ブリッジ判定というのがあって、これを自分でもして見るべき事ではあったのだけれど、最終的な判断は第三者に期待している所為で、歯科医師会に確認をするようにしている、そうしたところに、電話をかけたら事務の女の子が、保険適用可否について、保険適用可能なブリッジであると教えてくれたので患者さんにはその旨で保健適応のブリッジとして、歯を削って型を採ってレジン前装ブリッジとして装着した、そののち5月31日付で6月になってから点数の調整が行われた状態としてそのレセプトの「写し」が送付された、それを確認したのが今朝方の事で。 歯科医師会のお墨付きと思って請求したレセプトが、レジン前装ブリッジ分をごっそりと×を付けられて写しが戻ってきたわけだから、これはどういうことかということの事実確認と言うことで、歯科医師会に電話した。午前中には担当の先生が到着していないとの事でその後に、S先生が電話をしてくれた。そのときには、こちらの言い分を否定されるようなこと(歯科医師会側にはそのような(保健適応不可能のものを可能だといったと言う)記録はないとのこと)だったのだが、夕方の5時過ぎになってからNという先生、多分その役の中で偉い先生が直々に電話をくれた。 その先生の平身低頭さからするとどうも向こうに完全に非があった事を認めているようであったのでこちらも恐縮した。その電話と同時間、その後たてつづけに今度は同じ区の保健担当の先生がこちらに電話を下さった。その先生にはこちらも話がしやすかったので、事実関係を確認したところ、どうやら4月から入った事務の女の子が間違った対応をこちらに対してしてしまったとの事。 覆水は盆に帰らないので仕方がないが、こちらも自分の事なので確実な確認を心がけなければならないと思った。
こちらのクレーム、歯科医師会側からの謝罪と、意外とスピーディーに上手く収まったので禍根は残らないだろうとは思う。謝ってもらってもお金は戻ってこないけれど、ものは考えよう、偉い先生が謝ってくれたのにそれ以上言えるかっていうことで自分のなかで決着。 

兵庫県、7月から福祉医療の一部負担金が値上がり

7月からの福祉関係、一部負担金の上昇にの告知の方法について。
母子家庭の一部負担金が変わりました。変更点はいままでが無料であったのが一回の受診につき500円(月二回まで)であるという点に関して、決まりごとの詳細が歯科医院向けと受診者向けで違う点があります、これはいずれはっきりとしていくのだと思いますが、歯科医院向けには、一日2度受診したらその場合にはそのつど500円を貰うことを通達があります。受診者向けにはそういうように告知をしていないそうであります。すると、一日に二度受診と言うことが発生した場合に、受診者に対して歯科医院側がその旨を説明すると齟齬が生じることは自明でありますし、受診者に対して不利益なことは歯科医院が教えるという点に関しては、阪神淡路大震災後に、国保、社保ともに一部負担金が無料に成るとのことを新聞でも発表したそうですが、その無料になる期間に関して『いつまでか』については歯科医院のみで告知するような仕組みに成っていたそうです。 すると受診者に都合の悪い情報は歯科医院が知らせると言うことに成っていると、受診者からの印象が悪いのは歯科医院と言うことに成るのでこれは行政側のいやらしいところだと、聞きました。

 | HOME | 

CALENDAR

« | 2005-07 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

kame

kame

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。